クレジットカードの審査に落ちたけど持ちたい!

クレジットカード審査は年収より勤続年数を重視?

クレジットカード会社の審査では、収入や職業、勤続年数が重視されます。

 

これらは、単に収入が多い、少ないで比較しているのではなく、安定しているかを知るために、そうした項目を設け各社ともに点数をつけ基準点数に達すればクレジットカード 審査が可決します。

 

ここで、収入や職業はクレジットカード審査にあたり重要な審査項目ですが、実は、年収等よりも本当は勤続年数が重要視されている事はご存知でしょうか。

 

勤続年数等、あまりクレジットカード審査には関係ないと思いそうなものですが、実際のところ、クレジットカード会社では、勤続年数によりその申込み者の信用度等を図り点数をつけますので、あまり仕事を転々とする方は、審査にも不利になると考えていいと思います。

 

勤続年数が長いほど、収入の安定さがうかがい知れるので、そうした部分が勤続年数を重要視する部分といえるのですが、いくら審査に強い公務員と言う職業でも勤続年数が短い事により、信用できない、安定していないとみなされ、クレジットカード審査にも落ちる可能性もありますので、クレジットカードの審査と勤続年数は非常に関係していると認識されていてもいいと思います。

 

クレジットカード会社により、こうした審査における重要ポイントは異なりますが、一般にクレジットカード会社というものは、年収よりも勤続年数の方を重要視し、審査のポイントにする傾向にあるので、仕事は長く続けている方の方がクレジットカードを作る上では審査も通りやすいと考えていいともいます。

 

ですが、クレジットカード審査には、こうした個人情報の他にも、事故歴情報等も調べますので、公務員で尚且つ勤続年数も数年もしくは数十年と言う方でも過去に金融機関との何らかのトラブルがある場合は、審査は当然秘訣となりますので、カードを持つ、キャッシングをするという場合は、事故歴が残らないように計画的にカードを利用しなくてはいけません。

 

カード会社が審査を落とす理由には、『破産歴がある』『債務整理をしている』『延滞がある』『申込みブラックである』等が考えられ、こうした履歴が無い場合は、収入や職業、勤続年数等の状況を確認し審査を行い、可決であるか秘訣であるかを確定する事となります。

 

クレジットカード会社の審査は、安定や信頼性を図るために年収よりも勤続年数を優先し勤続年数が長いほど、審査状況としては有利に運ぶという事になります。

 

ただし審査基準は各クレジット会社により異なりますので、カードを作る場合はクレジットカード会社ごとの申込み基準等をよく確認し検討してください。

編集後記

クレジットカードの審査で有利なのはアコムマスターカードであると言うことが分かって頂けたと思いますが、勘違いしないで欲しいのが誰でも通る訳ではないと言うことです。

 

借金まみれの人や定職をもっていない人等クレジットカード 審査に不利すぎる方までもが通るわけではないのです。

 

実際には支払い能力があるのに厳しすぎる審査項目に少し引っかかって落とされてしまった方などに有効なカードなんです。

 

審査に通ればアコムのキャッシングも使えるので時間外の預金引出しATM手数料の節約が出来る裏技もあります。

 

アコムマスターカードの審査に通らないようであればもちろん同じような消費者金融であるモビットの審査も間違いなく落ちるでしょう。

 

お金を借りるだけなら初回30日無利息サービスもあり、借入相談にものってくれるプロミスがいいと思います。

2015/11/21 00:34:21 |
専業主婦ママのこっそりお小遣い稼ぎ専業主婦となってもう6年が過ぎようとしています。小学校で言ったらもう最高学年ですね。しかしながら子供もまだまだ小さいので専業主婦生活はまだ続きそうな感じです。専業主婦をしているとほとんど外出しなければお金を使いことはないですが、やはり友人と久しぶりに出かけたり、たま...
2015/11/12 09:46:12 |
今月末は子どもの誕生日です。子どもが好きなモノを作って自宅でパーティーをしようと思っています。とはいえ、子どもがリクエストしたのは好物のカニなので私が手を加えて料理をするということはほとんどなさそうです。子どもはカニをそのまま食べたいようです。カニグラタンやカニ鍋など少しは手を加えて料理らしいものを...